Story play ストーリープレイ

ストーリープレイ

No.13
高級カフェの人妻ウエイトレス 店長に言い寄られ、断り切れずに……
~エプロンの下から淫靡なアロマが溢れちゃう~

[お客様は、カフェの店長という設定です。]
お客様と女性は、シャワーを済ませてから、着衣でストーリーに入る
※エプロンは女性が持参します。

ここは大人向けのシックなカフェ。開店前で、店内にはまだ男性店長が一人きり。そこに人妻ウエイトレス・中田弓子が出勤してくる。

弓子 店長、お早うございます。今日もよろしくお願いいたします。
店長 やあ、お早う、弓子さん。今日はまた一段とお美しい。
弓子 (照れて)また、そんな……。
店長 この店はいまや、あなたの美貌でもっているようなものだからね。そこで、さらに弓子さんに綺麗になってもらおうと思って、新しい衣装を用意したんだけど、試しに着てみてもらえないかな?
弓子 新しい制服ですか?
店長 そんな大層なものじゃないよ。これなんだけど。
-店長、弓子に丈の短いエプロンを手渡す。
店長 ちょっと腰にしてみてよ。
弓子 はい。
-弓子、エプロンを着用する。
弓子 短くてかわいいですね。
店長 でしょ? ちょっと回ってもらえるかな。
-弓子、くるっと一回転。
店長 なかなかいいね。思ったとおりスタイルのいい弓子さんにピッタリだ。だが、何か物足りない。
弓子 はあ。
店長 スカートの丈が長すぎるのがよくないのかな。本当はミニスカートと合わせてみたいんだ。ちょっとスカートの裾をたくしあげてみてよ。
弓子 え?
-弓子、戸惑いながらも、スカートをつまんで少したくしあげる。
店長 もうちょっとあげて。もっともっと。もっとあげないと。
弓子 でも、これ以上あげると……、見えちゃいます。
店長 大丈夫だよ、エプロンで隠れてるから。いいからもっとあげて。
弓子 は、はい
-弓子、恥ずかしそうにスカートをさらに上げる。エプロンがなければパンティが見えてしまうかもしれない。店長は弓子の足を凝視している。
弓子 も、もういいですか?
店長 ん、ああ。
-弓子、ほっとしてスカートの裾を戻す。
店長 う~ん。今のじゃよくわからないなあ。弓子さん、一瞬でいいから、スカートを脱いでみてくれないか。
弓子 ええ?
店長 ミニスカートとエプロンの組み合わせをイメージしたいんだけど、そのスカートが邪魔でうまくイメージできないんだよ。
弓子 で、でも……。
店長 店のためだと思って、頼むよ。すぐ終わるから。さ、早く。
-店長の強引な説得に気圧される弓子
弓子 じゃあ、本当に一瞬ですからね。
-弓子、恥ずかしそうにスカートを脱ぐ。
-スカートを脱ぎ終わり、パンストにエプロンという姿で直立している弓子を、店長は舐めるように目で犯す。
弓子 ……も、もういいですか。
店長 いや、まだだ。じゃあ、グラスをテーブルに置く感じでかがんでみて。
-弓子に様々なポーズを注文する店長。
-嫌がりながらも断り切れずに要求にこたえる弓子は、だんだん見られることに興奮してきてしまっていた。
弓子 て、店長。あんまりじろじろ見ないでください。
店長 ん、なぜだい? 僕には見られて興奮しているようにしか見えないんだけど。
弓子 そ、そんなことないです。
店長 じゃあ、このかぐわしい香りはなんだろうねえ。コーヒーのブレンドも自分でしている僕の鼻はごまかせないよ?
-店長、弓子の股間にぐっと鼻を近づける。
弓子 いやっ。
-弓子は身をよじって逃げようとするが、店長に腰を抱きかかえられる。
弓子 だ、だめ。だれか来ちゃう。
店長 表の張り紙を見なかったかい。臨時休業にしたんだ。お客さんも来ないよ。
弓子 え?
店長 さあ、もっと中まで見てあげようね。
-弓子のパンストに手をかけて脱がしていく。
店長 本当はもっと見てほしいんだろ。正直に言ってごらん。
弓子 も、もっと私を見て。中まで、いやらしいところを・・・
店長 見るだけでいいのかな?
-店長はヒップをギュッともみしだく。
弓子 そんなこと、言わせないで下さい。
店長 遠慮は要らないから、言ってご覧
弓子 さ、触ってください。
店長 触るだけでいいの?
弓子 もうだめ、言っちゃいます。な、舐めて、感じさせて……。お願い……。
パンストを脱がせ、パンティを脱がせ、弓子の卑猥なエプロン姿を堪能し、その肉体をたっぷり味わう店長。見られることで完全に理性を失ってしまった弓子は、もはや男の愛撫に身をゆだねるよりほかなく、気づいた時にはエプロン一枚だけの姿で、あられもなく喘いでしまっているのであった。

この後はアドリブでお好きに。