Story play ストーリープレイ

ストーリープレイ

No.14
セクシー女医のED治療 ~私の触診であなたを元気にしてあげる~ New!

[お客様は患者、女性が医者という設定です。]
お客様と女性は、シャワーを済ませてから、着衣でストーリーに入る最初、お客様は通常の着衣、女性は全裸の上に白衣という状態です。※白衣は女性が持参します。

ここはED治療専門病院。今日も一人、勃起不全に悩む男性がこの病院の門を叩く。そこはエッチな女医が、セクシーな白衣姿で男性患者を待ち受けていた。

女医 ○○さん、ですね。お座りください。
患者 あ、はい。え? あれ? あの……、
-とまどいながら女医の前のベッドに座る患者。
患者 あなたが診察を?
女医 ええ、そうですけど。何か?
患者 女性だとは思わなかったもので。
女医 おイヤですか……。
患者 イヤではないですが、なんだか恥ずかしいというか……。
-女医、患者の手を不意に握り、じっと眼を見る。
女医 (優しい声で)○○さん。
患者 は、はい。
女医 ED治療は医療行為ですから、恥ずかしいとか思わないでいいんですよ。
患者 わ、わかりました。
女医 リラックスして、心を解放してください。いいですね?
患者 はい。よろしくお願いします。
女医 では診察に入ります。服をあげてください。
-患者、シャツをたくしあげて、上半身をさらす。
-女医、指先でトントンと患者の胸板を叩く。
女医 今日は体温はどうですか?
患者 平熱ですね。
-女医、患者の額に手を当てる。
女医 ちょっとすみません、よく分からないんで。
-と、自らの額を患者の額に当てる。
患者 (驚いて)え! あの……。
女医 あんまりしゃべらないでくださいね。。
-女医、額を当てたまま、手で患者の上半身をまさぐる。患者の息が荒くなる。
女医 神経系統に問題があるかもしれません。もうちょっと詳しく見てみましょう。
   
  ××××××××××××××××××××××××××××××××
   
  -女医の指示に従い、パンツ一枚でベッドに横たわる患者。
-女医は、患者の顔を真上からのぞきこんで、優しく語りかける。
女医 まずは上半身から調べますね。どこをどうされると感じますか?
(お客さまのお好みをお伝えください。女性に任せていただいてもOKです)
-女医、患者の希望どおりに上半身を攻める。
女医 どうですか、気持ちいいですか?
患者 ええ、なんだかいい感じかもしれません。
女医 (甘えるように)もっとリラックスして、好きなようにしてくださいね。
患者 じゃ、じゃあ、こんなことしてもいいですか?
-患者、白衣の上から女医の乳房にタッチする。
患者 この感触は、まさか……。白衣の下に、何も着ていないんじゃないですか?
女医 ご自分の手で確かめてみてください。
-患者、白衣の隙間から手を忍び込ませ直接乳房を弄ぶ。
女医 あ、いいですよ、その調子です。もっと興奮してくださいね。
患者 ああ、先生。もうちょっとで完治しそうです。アソコを触ってもいいですか?
女医 ええ、それで○○さんが興奮するのであれば……。
-患者の指は、女医の股間へと伸びる。
女医 あ、ああ……
患者 先生、もっと先生のいやらしい声を聞かせてください。
女医 あ、あ、いい……、もっと、もっと。
-患者は興奮して女医の全身を攻める(お客様のお好きなように)。
-悶えまくる女医の手が、患者のパンツの上から硬くなったペニスに触れる。
女医 ○○さん。硬くなってます……。
患者 ちゃんと目で確認してください。
女医 はい。
-女医、患者のパンツをずり下げ、そそり立ったイチモツを確認する。
患者 お口でも確認してください。
女医 はい。
-患者のイチモツを口に含む女医。
患者 最後までイケるかどうか、診察してくださいますよね?
女医 もちろんです。そこまでするのが私の仕事ですから。
-女医は、一心不乱になって患者のイチモツをしゃぶりはじめる。
女医 その代り、私のことも、もっと気持ち良くしてくださいね。

この後はアドリブでお好きに。